06 ワークショップ

ポーズを着る

所要時間
45分〜60分
定員
12名
協力
円盤に乗る場、試作会にご参加くださった標本室のみなさま

他の人から服を借りて着てみるように、
自分では選ばない形を身にまとったらどんな発見や違和感があるだろう?

ポーズと絵を通して他者に出会いに行くワークショップ。

モデルを描くと言えば普通はポーズを見て描くものですが、このワークショップでは自分でとったポーズを自分で描いてみます。さらにその絵を参加者同士で交換して、今度はそこに描かれているポーズをとって描いてみます。他の人の服を借りて着てみるようなイメージで、他の人のポーズをお借りして着てみたら、その時、自分の身体にはどんな発見や、あるいは違和感があるでしょうか?他にもポーズのテーマを決めるためのボドゲタイムや、美術モデルの経験を持つ立案者・辻村による、どんな形でもポーズにできちゃうポーズレクチャーも展開予定。ハードル低め、内容濃いめを目指して鋭意準備中です。

辻村優子 写真

辻村優子 ツジムラ ユウコ

俳優。浜松出身。標本室には一期に引き続き2年目の参加です。
標本空間vol.1ではもみほぐしと演技の共通点について仮説を立てて検証してみる『パフォーマンスもまれ処』を発表しました。現在、同テーマを上演形態にするべく探求継続中。

松井周の標本室 logo