05 ワークショップ

元プロ野球私設応援団員と考える応援

所要時間
約90〜120分
定員
10名

「がんばれー!」幼い頃からとても身近でありながら、同時に簡単には分解できない“応援”という人間行動。
一緒にこの根っこを探ってみましょう。

皆さんには“応援”しているものはありますか? 芸能人やスポーツチーム、家族、特定のコンテンツetc......応援という行動と心情は必ず対象を要します。そしてその対象に向かう矢印はまったく固有のものです。たとえば同じ野球チームを応援していても、そこに至る経緯やどの部分に惹かれているかは人によってそれぞれです。 このワークショップでは、中学高校時代、青春の熱量をプロ野球私設応援団に注いだ私の経験を土台に、参加者同士その矢印を紹介したり、交換したり、紐解いたりしながら、“応援”という根源的でありながらも複雑さとおもしろみに満ちた人間行動について一緒に考えてみましょう。
鈴鹿通儀 写真

鈴鹿通儀 スズカ ミチヨシ

俳優。大阪府出身。中学高校時代にパ・リーグ某球団の私設応援団員として全国の球場を飛び回るなどしていたら、大学受験に失敗。2年間に渡るプー太郎生活を過ごしたのち日本大学芸術学部演劇学科に進学。卒業後活動を本格化し、中野成樹+フランケンズ,川村毅,ままごと,劇団子供鉅人,ピンク・リバティ,財団、江本純子,松田正隆,松井周の標本室,スペースノットブランクなど舞台を中心に出演・クリエイションに参加。 目下の趣味はバックギャモン。

松井周の標本室 logo